RBCビジョンのスクワランオイル



皆さん、はじめまして。 ワタクシは、「スクワランの専門家」須久田でございます。
周りの皆さんからは「須久田博士」と呼ばれておりますが、学位は「潤教授」でございます。

このコーナーでは、私のケンキュウ発表を中心に、スクワランについてお勉強になる豆知識を
ご紹介していきたいと思います。



記念すべき最初のケンキュウ発表のテーマは…


「ミュゼアクアは一本一本手作りで製造される」


スクワランは、深海鮫の肝油が原料になっているのは、皆さんもご存じのとおり。
でも、それが手作りとは、どういうことなのか!? その疑問を解くため、ミュゼアクアを作っている
秘密の館に オジャマしてまいりました。
…ま、早い話が、「工場見学」ですな。ホォッホォッホォッ(笑)!

では、早速、ミュゼアクアの工場を覗いてみましょう!





おっと、あせらないあせらない!
入り口ではちゃんと、エアーシャワーを浴びて、身体に付着している埃を飛ばすのです。
身体をキレイにしたところで、 まず初めに出会うのが、この機械。



この機械は、何をする機械かわかりますかな?
このように使います。

もうおわかりですね?正解は「瓶の中の不純物を飛ばす」です。

ミュゼアクアの空き瓶をさかさまにして、白い穴から上に向かって吹き出る 空気に当てることで、
瓶の中の埃を飛ばして追い出しているんです。
清潔第一ですからなぁ。

続いて出てきたのは、この機械。 これが、ミュゼアクア製造の要、自動分注器。
この中に、ミュゼアクアの「中身」スクワランオイルが、詰まっているのです。

このように、1本1本ずつ、手作業で注入・充填していくんです。
一滴もこぼすことのないその手さばきは、まさしく、匠の技。
1週間に2000〜3000本も製造できるそうですよ。

向こう側には更に、別の作業をする皆さんがいらっしゃいますね。
何をやってるんでしょうか?

ミュゼアクアは、一本60mlと決まっております。
充填作業では、少しだけ足りなかったり、少なかったりすることがあるので、
その分を足したり吸い取ったりしているのが、左の人ですな。
では、右の人は何をしているかというと…

蓋をする前の「中栓」をしているところですね。
これも一本ずつ手作業でやってるんですな。素晴らしい!

充填⇒補充⇒中栓の作業が、わずか2メートルほどの距離で 行われているんですねぇ。


中栓をしたミュゼアクアの瓶に、蓋をしていきます。
こちらも、1本ずつ、手で締めていきます。


次の工程「梱包」に進むラインには、仕切りがしてあります。
ラインの出口からは、梱包室に向かってエアーが流れるようになっていますが、
逆流しないようにできています。
それだけ、充填室の衛生面には、注意しているんです。





→次のページに続く